不登校相談(有料)

商品カテゴリー: ,

説明

がん治療は親子共々長く辛いプロセスを過ごします。
治療を終え、学校生活に戻れるようになっても、長い間休んでいたことや
治療によって変化が起きている容姿に対しコンプレックスを感じていたり
病気を経験していない同級生との経験のギャップなど
子供たちの多くは治療後にもとの学校にすんなり戻ることができないことは
ある意味自然なこととも言えます。
アメリカの一部では癌治療を行う子供のクラスに専門家が介入して
治療前、治療中、治療後にクラスの子供たちとのつながりを持てるように

サポートが得られることもあるのです。
日本ではまだまだそこまでのサポートは行われていませんが
小児がんサポートセンターJapanでは

治療後の復学が難しく不登校になっているお子様のご家族の相談に対応

また、ご希望があれば学校への働きかけに伺うこともあります。
学校に戻りたいけど戻れない・・・

大きな治療に耐えた子供たちの心にはサポートが必要です。

ご家族だけで抱え込まず相談してみてください。

同じ体験を持つ心理の専門家もこのサイトの中にはいます。